50代男性(会社員) 頚椎捻挫 後遺障害第14級9号~弁護士が裁判所基準で交渉し、当初の提示額の2倍以上で示談したケース

事故状況

 自動車に乗り、信号待ちで停止していたところ、後方より走行してきた自動車に追突されました。

ご依頼の経緯

 事故から約6か月で症状固定と診断され、相手方保険会社が事前認定で自賠責に後遺障害の申請をしたところ、後遺障害第14級9号と認定されました。

 

 相手方保険会社から、示談案が提示されましたが、妥当な金額なのかどうか分からないということで、当事務所にご相談いただきました。 

 

 保険会社の示談案を見ると、保険会社基準で計算されたもので、裁判所基準で計算するよりもかなり少ない金額となっていましたので、当事務所が受任して示談交渉をすることになりました。

 

   弁護士費用特約がありましたので、ご利用いただきました。

示談

 当事務所は、裁判所基準で損害額を算定し、保険会社と示談交渉をした結果、ほぼ当方の計算どおりの金額で和解が成立しました。

 

 当初の保険会社の提示額は約137万円でしたが、賠償額は300万円(※治療費を含まない)となりました。

解決のポイント

 保険会社が提示する示談案は保険会社基準で計算されたもので、裁判所基準で計算するよりもかなり少ない金額となります。

 

 むち打ちで後遺障害第14級9号の場合、保険会社の提示額は、支払済みの治療費の金額にもよりますが、110万円~120万円程度であることが多いです。これを裁判所基準で計算すると、主婦(※主婦兼パートも同じ)の方ですと、300万円前後になることが多いです。

 

 

むち打ち後遺障害認定のその他の解決事例

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。