胸椎、腰椎の圧迫骨折①~新鮮骨折なのか?陳旧性骨折なのか?

自転車、バイク、歩行中の事故で多いのが胸椎、腰椎等の脊柱の圧迫骨折です。事故により道路に腰背部を叩きつけられることで、胸椎等を圧迫骨折するものです。

 

1.圧迫骨折が、事故により生じたものなのか?もともとあったものなのか?
高齢になると骨密度が低下し、ご本人が知らないままに圧迫骨折していることがあります。腰痛に悩まされ、病院でレントゲンを撮ってみたら、圧迫骨折していたということはままあります。特に高齢の女性は、閉経後に骨密度がどんどん低下していきますので、誰でも多かれ少なかれ骨粗鬆症の状態です。
そこで、事故により圧迫骨折したと思われる場合でも、相手方保険会社から、「その圧迫骨折は事故の前からあったものだ」と主張されることがあります。

 

2.どのように判別するのか?
事故により新たに生じた骨折を「新鮮骨折」といい(「フレッシュな骨折」と言ったりもします。)、事故前からある古い骨折を「陳旧性骨折」といいます。
この新鮮骨折と陳旧性骨折を判別するのは、レントゲンではなく、MRIのT2強調画像です。MRIのT2強調画像は、水分が高信号を示す(=白く写る)という特性があります。骨折すると骨の内部が出血し、T2強調画像で高信号を示しますので、骨折していることが分かります。
この高信号は、骨折してから時間が経過すると、信号が低下していきますので(白く写っていたものが、徐々に黒っぽくなっていく)、MRIのT2強調画像を見れば、新鮮骨折なのか陳旧性骨折なのかが分かるという仕組みです。
MRIのT2強調画像で高信号を示していれば、事故で生じた圧迫骨折だということが立証できます。

 

3.素因減額の問題
新鮮骨折だということが確定すると、次に、保険会社は、「骨粗鬆症で、もともと骨が弱かったのだから、その分を損害賠償額から割り引くべきだ。」と主張してきます。これを素因減額といいます。
高齢の女性の場合、カルテに「骨粗鬆症」と書いてあることがよくありますので、そのような主張がされるのも無理のないところではあります。
しかし、素因減額は、素因があったとしても(骨粗鬆症であったとしても)、「年齢相応の加齢変化」にとどまるものであれば、減額しないということになっています。
高齢者は骨密度が低下しているのが通常ですので、カルテに骨粗鬆症と記載されていても、骨粗鬆症の薬を飲んでいたとしても、骨密度が年齢相応のものであれば(そういうケースが多いです。)、素因減額の主張は退けられます。

 

4.体験談
70代後半の女性が事故により圧迫骨折をしたケースで、はじめの病院の医師が陳旧性圧迫骨折、2つ目の病院の医師が新鮮骨折と診断し、診断結果が分かれてしまったケースがありました。
裁判では、保険会社は、当然、陳旧性圧迫骨折だと主張し、ここが争点となりました。
事故直後のMRIのT2画像を見ると、骨折箇所が真っ白にピカッと光るのではなく、ややくすんだような写り方でしたので、陳旧性骨折と判断してもおかしくはないように思えます。しかし、2つ目の病院で、時間をおいて何度かMRIを撮っていただいたのですが、その画像を見ると、事故で圧迫骨折をして、それが徐々に回復していっているように見えました。
そこで、1つ目の病院の主治医に面談を申し込んだところ、転勤していて、もういないということでした(よくあることです。)。愛知県の病院に転勤されていましたので、そこまで追いかけていきました。
面談で、2つ目の病院で撮影したMRIの画像を見ていただいたところ、医師は、「あ~、これは所見を変更させてください。フレッシュな骨折ですね。」と仰り、意見書を書いてくださいました。
その意見書を裁判所に提出したことで、争点が無くなり、当方の請求に沿った内容で、裁判上の和解が成立しました。

脳障害・脊髄損傷についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。