費用のご用意は不要です。
賠償金がもらえない場合は、報酬は一切いただきません。

  1. 相談料・着手金無料
  2. 弁護士費用特約対応
  3. 完全後払いで自己負担額実質 0 円
  4. 裁判になっても追加費用なし
  1. 当事務所の料金体系

    • 相談料・着手金

      受任時に、着手金をお支払いいただく必要はございません。また、初回相談は無料です。

    • 報酬

      保険会社から賠償を受けた金額の15%を報酬として頂戴いたします。
      賠償を受けられなかった場合、報酬は発生しません。

    • 実費

      交通費、通信費、書類の取り寄せ費用などです。
      裁判になった場合は、訴訟費用(収入印紙、郵券)なども含まれます。

  2. お支払いについて

    費用はすべて後払いのため、初期費用は 0 円です。

    費用は全て後払いで、保険会社より支払を受けた自賠責保険金、損害賠償金で、最後に精算します。そのため、初期費用は 0 円でご相談、ご依頼いただくことができます。
  3. 弁護士費用特約について

    最大 300 万円までの弁護士費用が補償されます。

    ご自身あるいは同居のご家族が加入されている自動車保険に「弁護士費用特約」が付帯されている場合、弁護士費用が限度額(一般的には10~300 万円)まで保険でまかなわれます。その場合、限度額までは弁護士費用をご負担いただく必要がありません。弁護士費用が保険限度額を超える場合、限度額の超過部分は依頼者のご負担となりますが、その場合も、支払を受けた賠償金で、最後に精算します。
    まずは、ご自身の保険に「弁護士費用特約」が付いていないか、保険証券をご確認ください。
    また、ご自身の保険でなくても、同居のご家族が加入されている自動車保険に「弁護士費用特約」が付いている場合、利用できる場合がありますので、合わせてご確認ください。

    弁護士費用特約を利用する場合の着手金
    (税別)

    見込まれる経済的利益が
    125万円以下の場合10万円
    125万円を超え300万円以下の場合 経済的利益の8%
    300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の5%+9万円
    3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の3%+69万円
    ※日本弁護士連合会リーガルアクセスセンターの報酬基準による

    弁護士費用特約を利用する場合の報酬
    (税別)

    得られた経済的利益が
    300万円以下の場合経済的利益の16%
    300万円を超え3000万円以下の場合経済的利益の 10%+18万円
    3000 万円を超え3億円以下の場合経済的利益の6%+138万円
    ※日本弁護士連合会リーガルアクセスセンターの報酬基準による

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。