保険会社から治療費の支払を打ち切られた場合にはどうしたらよいのか

治療途中なのに、保険会社から「症状が変わっていないから、治療費の支払は今月一杯で止めさせていただきます。」と言われ、治療費の支払を止められてしまうことがあります。そのような場合、どうしたらよいのでしょうか?

 

1.自費で治療費を支払って治療を受ける
治療費がそれほど高額でない場合は、一旦は治療費を自分で支払って治療を続け、治療が終了した時点で保険会社に請求するのが合理的です。
その場合、もともとの治療が自由診療であった場合、治療費がかなり高額になることがありますので、病院に事情を説明して健康保険による治療に切り替えた上で治療を続けてください。
「保険会社から、今月一杯で治療費の支払を打ち切ると言われたのですが、まだ治療を続けたいので、来月からは健康保険で治療を続けたいのですが・・」と相談してください。それで病院がNOと言うことはないでしょう。

 

2.裁判所に仮払い仮処分を申し立てる
治療費が高額で自費ではとても支払えない場合は、裁判所に「仮払い仮処分」を申し立てます。これは、裁判所に申し立てて、「治療費を仮に支払いなさい」という命令を出していただく手続です。手間のかかる手続ではありますが、重傷を負って入院している最中なのに治療費の支払を止められたケースなどで使います。

 

いずれにしても、保険会社に治療費の支払を止められたからといって、慌てる必要はありません。治療が必要な状態であるにもかかわらず、保険会社からもう終わりと言われたから途中で治療を終えてしまうことは絶対にしないでください。

 

このような場面では、弁護士に相談することをお勧めします。治療中なのに保険会社から「治療費の支払を打ち切る」と言われたら、それは、弁護士に相談するべき典型的な場面です。治療を止めるのか、治療を続けるのかは、とても重要な判断ですので、専門家に相談してから決めた方がよいでしょう。

 

治療についてについてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。