事故直後にやっておくべきこと

1.警察への届出
交通事故が発生したときには、加害者は警察に報告する義務があります。しかし、加害者が警察に届をせずに逃走することもありますので、加害者が警察に連絡しているところを確認できなければ、被害者から警察に連絡しておいた方がよいでしょう。

 

2.加害者の名前・住所・連絡先・勤務先などを聞いておく。
事故の現場で、加害者の名前・住所・連絡先、車のナンバー、車の所有者、任意保険に加入しているか・加入している場合には保険会社名を聞いてください。
さらに、業務中の事故であれば、使用者に責任を追及できる可能性がありますので、勤務先を確認しておいてください。
後日、自動車検査登録事務所で自動車登録事項証明書を入手するには、①自動車の登録番号に加えて、②車体番号が必要ですので、車検証を見せてもらいメモしておいてください。
現場で確認しておくべきなのは、運転免許証、車検証、自賠責保険証明書で、これらをメモするか、携帯電話のカメラで撮影しておかれるとよいでしょう。

 

3.証拠を保全しておく
実況見分調書は、後に過失割合を決める際の重要な証拠となるものですので、実況見分の際には、事実を正確に伝え、調書にしてもらいましょう。
事故の目撃者がいる場合には、後で探すのはとても難しいですので、目撃者の名前と連絡先を聞いておきましょう。

 

4.怪我をした場合には、すぐに病院に行く
自分では大した怪我ではないと思っていても、実は深刻なダメージを受けていることがありますので、病院で精密検査を受けてください。
仕事が忙しいといった理由で、痛みがあるにもかかわらず病院に行くのが1週間後になってしまったというような場合には、「そんな後になってから症状が出るのはおかしい」と疑われる原因ともなります。事故で怪我をしたら、無理をしてでもすぐに病院に行ってください
病院に行くのが遅れてしまった場合には、「事故直後から痛みがありましたが、どうしても仕事を休めなくて、市販の鎮痛剤を飲みながらしのいでしました。」などときちんと説明して、カルテに書いていただくようにしましょう。

 

 

その他についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。