高次脳機能障害の要件②~脳の損傷を示す診断名の記載

高次脳機能障害と認められるための2つめの要件は、診断書に、脳の器質的損傷を示す診断名の記載があることです。

 

脳の器質的損傷を示す診断名とは、具体的には、脳挫傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、びまん性軸索損傷等をいいます。これらは、頭部に衝撃が加わったことで、脳が損傷を受け、出血したことを意味するものです。
これに対し、頭部打撲、脳しんとう、頸椎捻挫等の診断名は、脳の器質的損傷を示すものではありませんので、高次脳機能障害と認定されません。あくまでも、脳そのものが器質的な損傷を受けたものでなければならないということです。

 

主治医に書いていただいた診断書に、どのような診断名が記載されているのかを確認しましょう。

 

脳障害・脊髄損傷についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。