交通事故

このようなお悩みに

  • 治療中なのに、保険会社から「治療費の支払を打ち切る」と言われた。
  • 保険会社から賠償額を提示されたが、それが適正な金額なのか分からない。保険会社の提示金額に納得できない。
  • こちらにも過失があるとして過失相殺を主張された。過失割合を知りたい。
  • 病院で治療を続けたが、痛みが残っているので、後遺症の申請をしたい。
  • 自賠責保険で後遺症非該当と認定されたが、納得できないので不服申立をしたい。

交通事故で怪我をしてしまうと、怪我の苦痛、病院での治療に悩まされながら、
保険会社とも話し合いをしていかなければならなくなります。

保険会社との話し合いの中で、過失相殺を主張されたり、まだ痛みが続いているのに治療を打ち切るよう言われたりすることも少なくありません。
途中で治療を打ち切れば、その後にかかる治療費は自己負担になりますし、3~4か月で治療を終了してしまうと、後遺症の申請をしても、後遺症非該当と認定されることが多くなります。

怪我が完治し、あるいは後遺症が残ってしまった場合には、その時点で治療を終了し、損害賠償額の話し合いになります。そこで、保険会社から提示された賠償額が、はたして適正なものなのかどうか、普通の人には分かりません。
現実にも、保険会社が提示する賠償額は、裁判所の賠償基準よりもかなり低いことが多く、それを分からないままに示談書にサインして終わってしまうことが多いのです。

弁護士に依頼すれば、治療中の保険会社とのやり取り、治療終了後の保険会社との損害賠償の交渉は、全て弁護士が行います。
それにより、保険会社とのわずらわしい交渉から解放され、適正な治療を受けられるようになりますし、裁判所の基準で算定した適正な賠償を受けることができるようになります。

交通事故専門サイトのご案内

事故発生から解決までの流れ、交通事故で認められる損害、
むち打ち症、交通事故事件の解決のポイントなどを
ご説明しています。

詳しくはコチラ

弁護士費用(消費税別)

相談料・着手金:無料
報酬:相手方より賠償を受けた金額の15%
実費:郵便切手代、収入印紙代などの実費

※弁護士費用は賠償を受けた金銭で最後に精算しますので、ご依頼いただく際に弁護士費用は不要です(実費のみお預かり)。「弁護士費用特約」を利用する場合、(旧)日本弁護士連合会報酬基準規程により弁護士費用を算定します。