交通事故の裁判②~裁判の流れ、どのように進めていくのか

訴訟提起
 裁判では、まずは「訴状」という書類を弁護士が作成して裁判所に提出します。「訴状」が受け付けられることで裁判がスタートします。 

裁判の期日
その後、1か月に1回程度の頻度で、裁判の期日が開かれ、当事者双方が主張を書いた書面や証拠書類を裁判所に提出します。弁護士には訴訟代理権がありますので、依頼者の方に裁判所に来ていただく必要はありません。もちろん、期日に来ていただいてもかまいません。

依頼者との打ち合わせ
相手方から書面で主張が出たら、依頼者と打ち合わせをして事実関係を確認し、反論の書面を作成して裁判所に提出します。書面は弁護士が作成して提出します。 

当事者本人尋問
早期に和解が成立せず当事者尋問を実施するケースでは、依頼者に裁判所に出頭していただき、尋問を実施します。尋問を実施するのは、事故態様(過失割合)に争いがあるケース、後遺障害の有無・程度に争いがあるケースなどです。当事者の尋問を実施するのは1~2割の事件です。

依頼者のご負担
尋問までやらずに和解で解決する事件では、依頼者は一度も裁判所に行くことなく裁判が終わります。依頼者のご負担としては、①弁護士との打ち合わせ(訴訟提起前に2回程度、訴訟提起後は1~2か月に1回程度の頻度)と②裁判所への出頭(0~1回)ということになります。

 

裁判についてについてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。