むちうちだからと諦めないでください。
交通事故の後遺障害認定をサポートできます。

  • レントゲンではどこも悪くない
  • 症状が変わらないので、もう通院する必要がない
  • 本当に痛いの?

交通事故でのむちうちに悩まされる方の多くが、このようなことを言われ、対応を諦めてしまっています。
当事務所ではむち打ちでお悩みの方へのサポートにも力を入れており、後遺障害認定からお手伝いすることが可能です。交通事故に強い弁護士に相談することで、下記のご相談例のようなことが期待できます。

ご相談例(よくあるケース)

ご相談前の状況→相談した後の状況

ご相談前の状況

50代主婦のAさんは、自動車に乗って信号待ちで停車していたところ、後ろから来た自動車に追突される交通事故にあいました。
Aさんは、交通事故の翌日から、首の痛み、手のしびれなどの症状に悩まされ、3か月、整形外科に通院していますが、まだ症状があります。
相手の保険会社から、「もうそろそろ治療を止めていただけませんか。」と言われました。担当者は、威圧的で、話をしているだけで嫌な気分になります。
主治医に相談しましたが、医師は、「いつまで治療を続けるのかは、あなたが決めること。」、「あなたが来たいと言うのに、私が来るなとは言えない。」などと言うばかりで、面倒に巻き込まれたくない様子がありありとしています。Aさんは、交通事故に強い弁護士に相談しました。

ご相談前の状況

相談した後の状況

弁護士は、保険会社に通知を送って窓口になり、治療を続けることを伝えました。
Aさんは、弁護士のアドバイスに従い、頚部のMRIを撮影したところ、神経根の圧迫が見られ、これが原因で手の痺れが出ていると推測されました。
交通事故から6か月たっても症状が残り、弁護士が代理して、自賠責保険に後遺障害の申請をしたところ、後遺障害14級と認定されました。弁護士は、裁判所の基準で損害賠償額を計算して保険会社と交渉しました。
交渉がまとまり、次の内容で賠償を受けることができました。

損害賠償合計 305万円

  • 入通院慰謝料

    80万円

  • 後遺障害慰謝料

    110万円

  • 休業損害(主婦)

    45万円

  • 後遺障害による
    逸失利益

    70万円

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。