むち打ち症で、どのような場合にMRIを撮るべきか

むち打ち症(頸椎捻挫、腰椎捻挫)の場合、病院に行くと、まずレントゲンを撮りますが、MRIを撮ることは少ないです。

 

しかし、事故の後、手足が痺れるようになったというケースでは、MRIを撮る必要があります。事故の衝撃により、椎間板の腫れ、神経根の圧迫が生じ、それが痺れの原因となっていることが多いのですが、それはレントゲンでは分かりにくく、MRIを撮って確認する必要があるからです。

 

「痺れがある→MRIを撮ろう」 というのが基本ではないかと思うのですが、痺れを訴えているにもかかわらず、MRIを撮ろうとしない医師が少なくありません。そのような場合は、こちらからお願いして、MRIを撮ってもらうようにしましょう。

 

MRIは大きな病院にしかありませんので、治療を受けている病院にMRIがない場合は、紹介状を書いてもらい、MRIのある病院に行って撮影してもらいます。

 

むち打ち症ではありませんが、事故の衝撃により、肩が痛むようになった、可動域制限がある場合にも、腱板の損傷などを見るために、MRIを撮っておいた方がよいでしょう。

文責安藤誠一郎(安藤誠一郎法律事務所 代表弁護士)

当事務所は堺市を中心に、高石市、和泉市、大阪狭山市、泉大津市、岸和田市、貝塚市など大阪府南部の交通事故案件を多く扱っております。地域密着だから、●相談者様に合った病院のご案内 ●弁護士の医師面談 ●事故現場の訪問 などもご相談いただけます。

交通事故に強い安藤誠一郎法律事務所

無料相談のご予約はこちら

むち打ちについてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。