むち打ち症と後遺症

 むち打ち症(頸椎捻挫)の後遺障害は、大まかに以下の等級の可能性があります。


① 12級・・・神経症状が残存していることが他覚的所見により立証できる場合
② 14級・・・神経症状が残存していることを他覚的所見により立証することはできないものの、症状が残存していることが医学的に推察される場合
③ 非該当・・・神経症状が残存していると医学的に推察できない場合

 

①②③のそれぞれについて、別の項で詳しくお話ししていきたいと思います。

 

むち打ちについてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。