実況見分調書とは、どのようなものか

実況見分調書の作成
交通事故が起こると、事故現場で、警察官、事故当事者の立ち会いの下、実況見分を行い、実況見分調書が作成されます。
事故当事者は、信号機の色、走行速度、進路、距離、ブレーキ操作など事故当時の状況を警察官に説明し、警察官がそれを調書にします。
この実況見分調書は、過失割合を決めるための重要な証拠となるものです。事故当時の状況を正確に説明し、相手方の言い分と食い違う場合も安易に妥協することなく自分の言い分をきちんと述べて調書化してもらう必要があります。
後になって裁判のときに、「実況見分のときは、ちょっと違うかなとは思ったのですが、急いでいたので特に異議は唱えませんでした。」と言っても、なかなか通りません。最初が肝心ですので、実況見分のときには、事実をきちんと主張するようにされてください。

 

実況見分調書の取り寄せ
過失割合が争いになった場合、実況見分調書を取り寄せ、それに基づき双方が主張立証します。
実況見分調書は、検察庁に申請して取り寄せることができますので、担当警察官に、検察庁への送致日・送致番号などを聞いておきます。弁護士がついている場合は、弁護士が取り寄せをします。
ただ、刑事処分が決まらない間は、検察庁は実況見分調書を出してくれませんので、処分(懲役・罰金・起訴猶予・不起訴)が決まった後に申請します。

 

過失相殺についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。