医師と弁護士の発想の違い

医師面談をしたときなどに、医師と弁護士の発想の違いを感じることがあります。
それは、そもそも、医師と弁護士とでは役割が違うからです。
どういうことかといいますと、
医師の仕事=怪我を治すこと
弁護士の仕事=症状・後遺症があることを立証すること
なのです。一言でいいますと、医師の仕事は「治すこと」、弁護士の仕事は「立証すること」なのです。

 

そうした発送の違いから、話しが食い違うことがあります。
後遺障害を立証するために追加で検査をしたりCTやMRIを撮影していただくことをお願いすることがあるのですが、お医者さんからすれば、「治らないのに検査してどうするんですか?」となるんですね。
むしろ、お医者さんとすれば、患者や弁護士から精密検査をしてほしい、MRIを撮ってほしいなどと頼まれると、「自分の診断に見落としがあると思われてるのか?」、「治らないのはおかしいと思われてるのか?」と不信感を持ってしまうことがあります。
そこのところを、いえそうではありませんよ、「治すための検査ではないことは理解しています。あくまで後遺障害を立証するために必要な検査なんです。」と説明すれば、お医者さんも「あ~、なるほど。そういうことなんですね。分かりました、やりましょう。」(心の声:「へぇ~そんな検査のやりかたがあるんかいな。でもまあ、それが患者さんのためになるんやったらやってあげよう。」)となります。立証するために検査するというのは、お医者さんには無い発想なんです。
主治医に気持ち良く協力していただくためには、そのような配慮、物言いも必要なのだと思います。

 

 

 

 

その他についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。