異議申立の手続の選択~自賠責保険会社、自賠責紛争処理機構

自賠責の認定に不服がある場合、争う手段として、次のものがあります。

  ① 自賠責保険会社(共済)に異議申立をする

  ② 一般財団自賠責保険・共済紛争処理機構に紛争処理の申請を行う

 

 どちらの手続を選択すればよいのでしょうか?

 ②自賠責保険・共済紛争処理機構は、①自賠責保険会社、自賠責調査事務所とは別の機関で、認定結果は自賠責保険を拘束します。
 自賠責調査事務所よりも詳細に事実認定、医学的評価を行いますので、信頼感があり、また、詳細な理由が付きますので結果に納得感もあります。

 しかし、紛争処理機構は、資料を追加することができません。不服申立の際には、医師の意見書やカルテ、鑑定書等の医学的証拠、刑事記録、車の写真、修理費用明細書などの証拠を追加したいことが多いのですが、それができません。

 

 

 そこで、通常は証拠を補充して不服申立に臨みますので、まずは自賠責保険会社に異議申立を行い、証拠を出し尽くすようにして、それでもダメであれば紛争処理機構にという順番が基本になると思います。
 資料の追加が不要な場合(画像・検査の評価のみが問題になるようなケース)は、自賠責保険会社に異議申立をすることなく自賠責紛争処理機構に持ち込むという方法でもよいのではないでしょうか。

 

 

後遺障害の認定手続、後遺障害の損害についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。