成年後見の申立~意識障害がある場合

交通事故で、脳挫傷や多臓器損傷の傷害を負い、意識が戻らないなどの重篤な意識障害がある場合、家庭裁判所成年後見を申し立てます。

 

意思能力のない人が当事者になることはできませんので、家庭裁判所に申し立て、「成年後見人」を選任してもらいます。申立の際には、戸籍謄本、住民票、成年後見申立用の診断書などの書類を準備して裁判所に提出します。
「成年後見人」には、通常は、配偶者、子供、親などの近親者が選ばれます。その「成年後見人」が当事者になって損害賠償請求をします。弁護士に依頼する場合も、「成年後見人」が弁護士に依頼することになります。

 

当事務所では、成年後見の申立もサポートしていますので、ご相談ください。

後遺障害の認定手続、後遺障害の損害脳障害・脊髄損傷についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。