「警察に届けないで」、「人身事故にしないで」と言われたら

交通事故の相手方から、事故現場で
「警察に届けないでほしい」
 「人身事故にしないでほしい」
と頼まれることがあります。
その際に
 「保険に入っているので、賠償はきちんとする」
 「人身事故になると仕事ができなくなるので、何とか人身にしないでほしい」
などと頼み込まれ、応じてしまう被害者の方もいらっしゃします。
しかし、後々、被害者の方が苦労することになりますので、応じてはなりません

 

1.交通事故証明書を発行してもらえない
警察に事故の届出をしないと、交通事故証明書を発行してもらえず、保険金請求に支障が出ます。
警察に事故の届出をしていても、人身事故の届出をしていなければ、人身事故の交通事故証明書が発行されませんので、自賠責保険に請求する際に支障が出ます。

2.実況見分が行われない
警察に届け出ない、あるいは、警察に届け出ても物損事故の場合は、実況見分が行われません。
後々に過失割合でもめたときには、実況見分調書が重要な証拠になるのですが、実況見分が行われていないのですから、事故態様を立証する証拠がなく、水掛け論になってしまいます。

 

「ちゃんと対応してくれるのだったら、いいか」と思い、警察への届出をしないと、被害者の方が苦労を強いられることになります。必ず、警察への届出はきちんとしておきましょう。

その他についてのその他の記事

交通事故に強い弁護士だから導ける最善の解決があります。まずはお気軽にお問合わせください!

ご予約で夜21時までご相談OK

072-227-7996 受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ

  • 相談料無料
  • 着手金無料
  • 費用後払い
  • 弁護士費用特約対応

「ホームページを見ました」と仰っていただくだけでOKです。
お怪我の状態や事故の状況などについて丁寧にお伺いいたします。